ドイツ銀、国内1000人削減で従業員代表と合意の見通し-関係者

更新日時
  • 週内に労使協議会と合意に達する可能性があると関係者
  • クライアンCEOは世銀総会に合わせ米司法省と交渉も-関係者

ドイツ銀行は今週中に従業員代表との間でコスト節減に向けた措置で合意に達し、ドイツ国内で約1000人を削減する準備が整う見通しだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)が昨年発表したコストを減らすための取り組みの一環だという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。