日銀新枠組みは「リフレ派の敗北」、黒田氏再任難しく-中原伸氏

更新日時
  • イールドカーブを国家管理の下に置くのは戦時下と同じ発想-中原氏
  • 総裁任期は政府と国会が決めること-衆院予算委で黒田氏答弁

安倍晋三首相と長年にわたりパイプを持つ元日本銀行審議委員の中原伸之氏は、マネーの量から金利に操作目標を変更した新たな金融政策について、マイナス金利政策の失敗を上塗りするもので、日銀内のリフレ派の敗北を意味すると述べた。その上で、黒田東彦総裁の再任は事実上難しくなったとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。