30日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが上昇。住宅ローン担保証券の(RMBS)問題でドイツ銀行が米司法省と当初よりも低い金額の支払いで合意するとの観測から、ドイツ銀株が反発し、ユーロに買いが入った。

  ユーロはこの日の安値から大きく反発した。ドイツ銀は54億ドル(約5460億円)の支払いで米司法省との合意が近いとの報道に反応した。これは司法省が当初求めていた金額の半分未満。ユーロ圏のインフレが9月に加速し、物価指数が2014年終盤以来の高水準となったこともユーロ買いにつながった。

  ジェフリーズ・グループ(ニューヨーク)の通貨ストラテジスト、ブラッド・べクテル氏は「対ドルでのユーロはドイツ銀株につれて動いている。ドイツ銀が支払う金額が予想をはるかに下回るとの臆測が本当になれば、欧州の銀行にとってプラスになるのはもちろんのこと、対ドルでのユーロにとっても強材料になるだろう」と述べた。

  米司法省が今月、ドイツ銀に対して140億ドルの支払いを求めたため、ドイツ銀の株式と債券は売り圧力を受け、ユーロも下げていた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.1%高の1ユーロ=1.1235ドル。一時は0.6%下げる場面もあった。月間では0.7%上昇し、3月以来の大幅高。四半期ベースでは1.2%上昇した。ドルは対円で前日比0.3%高の1ドル=101円35銭。

  ドイツ銀株は一時9%下げた後、6.4%高で終えた。一部のヘッジファンド顧客が同行へのエクスポージャーを減らしたことが明らかになったとブルームバーグ・ニュースが29日夜に報じたため、同行株価は30日に一時、最安値を更新した。

  アナリストらも安値からの反発に援護射撃した。オートノマス・リサーチのアナリスト、スチュアート・グレアム氏は29日のリポートで、ドイツ銀はトレーディングの顧客が取引を減らすなどで深刻なストレスにさらされても2カ月以上持ちこたえるのに十分な流動性があると分析した。

  トロント・ドミニオン銀行のシニア為替ストラテジスト、メイゼン・アイサ氏は「ドイツ銀をめぐる臆測で市場は荒い動きになっている。当社は今後数カ月、ユーロに大きな動きはないとみているが、現在は欧州の政治リスクを考慮し弱気なスタンスだ」と語った。

原題:Euro Strengthens on Speculation Deutsche Bank Fine Will Be Lower(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE