サンタンデール、2018年の利益率目標を引き下げ-英EU離脱など響く

スペインのサンタンデール銀行は2018年の利益率目標を引き下げた。英国など事業展開地域で経済成長見通しが悪化したことが響いた。

  同行は30日提示した投資家向けプレゼンテーションで、18年の有形自己資本利益率(ROTE)目標を11%以上とした。昨年明らかにした従来目標では13%としていた。

  グループ全利益の20%を稼ぎ、サンタンデールにとって最大市場である英国事業の18年のROTE目標も従来の12-14%から、8-10%に引き下げた。

原題:Santander Scales Back Profitability Target Post Brexit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE