新興市場株:4日ぶり反落、ドイツ銀めぐる懸念で-通貨も下げる

30日の新興市場株は反落。独最大の銀行であるドイツ銀行の財務をめぐる懸念が広がり、リスクを取る意欲が抑えらえた。ただ、四半期ベースではこのままいけば2012年以来の大幅上昇となる。マレーシア・リンギットを中心に新興国通貨も下げている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。