中国の住宅は株やワインを上回る値上がり、購入熱がバブルあおる

  • 住宅価格は8月に過去6年で最大の上昇、新規制や政府の警告でも
  • 夫婦1組当たりの住宅購入限度の規制回避で上海では離婚増加

中国の経済成長率は25年ぶりの低水準にあるものの、同国の住宅所有者は、他の資産クラスの面目をつぶすような好調なリターンを満喫している。

  大都市での過剰な投機を抑制する新たな政策や資産バブルへの政府の警告をよそに、住宅価格は8月に過去6年で最大の上昇を記録した。深圳などの大都市では値上がりが最も顕著で、住宅価格は過去1年に60%上昇。厦門などの中小都市でも上昇し、38%強の値上がりとなっている。

  住宅価格高騰による資産効果は経済成長や個人消費を下支えし得るが、急激な価値上昇が持続不可能となれば金融システムにリスクを突き付ける。複数の主要都市の当局は泡立つ市場への抑制策を講じているもののほとんど効果は見られず、投資マネーは規制を逃れる方法を見いだしている。上海では夫婦1組当たりの住宅購入限度の適用を避けるため法律上の離婚が急増している。

  大都市の住宅価格は過去5年間に主要株価指数の最高2倍の上昇を記録した。

  不動産価格は仮想通貨ビットコインを除けば、中国の個人投資家が利用できるほぼ全ての投資対象を上回るパフォーマンスとなっている。債券も鉄鋼も原油先物も太刀打ちできない。最高級ボルドー産ワイン投資でさえも及ばない。

原題:China Homes Beat Stocks, Wine as Buying Frenzy Stokes Bubble(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE