アイカーン氏、トランスオーシャンの保有株75%減らす

資産家でアクティビスト(物言う投資家)として知られるカール・アイカーン氏が、世界最大の海洋掘削会社トランスオーシャンの株式保有を税務上の理由から75%減らしたことが分かった。同様の理由でチェサピーク・エナジー株の保有も先に減らしていた。

  28日の届け出によると、アイカーン氏の現在の保有株式数は548万株(発行済み株式の約1.5%に相当)。6月30日時点では2150万株だった。

  29日の米株式市場でトランスオーシャンの株価は前日比6.1%高で終了。石油輸出国機構(OPEC)の減産合意を受けて、原油相場が続伸したことが寄与した。原油相場の落ち込みで同社のサービスに対する需要が途絶える中で、株価は年初から今月27日までの間に24%下げていた。

原題:Icahn Sells 75% of Stake in Offshore Rig Owner Transocean (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE