アイカーン氏、トランスオーシャンの保有株75%減らす

資産家でアクティビスト(物言う投資家)として知られるカール・アイカーン氏が、世界最大の海洋掘削会社トランスオーシャンの株式保有を税務上の理由から75%減らしたことが分かった。同様の理由でチェサピーク・エナジー株の保有も先に減らしていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。