日銀国債買い入れ、超長期ゾーン減額-新たな枠組み下の運営方針

更新日時
  • 10年超25年以下を1回1900億円、25年超1100億円に100億円ずつ減額
  • 超長期債の買い入れ下限額を2000億円、上限を4000億円に引き下げ

日本銀行は30日夕、当面の長期国債買い入れオペの運営方針を発表した。長短金利を中心にイールドカーブ(利回り曲線)を誘導する新たな金融緩和策の導入を明らかにしてから初。市場が最も注目した超長期国債の買い入れは減額となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。