【日本株週間展望】反発、米経済改善と底堅い短観-欧州金融には警戒

  • 米国でISM、雇用統計など9月分の公表相次ぐ
  • 週初に日銀短観、大企業製造業DIは小幅上昇予測

10月1週(3ー7日)の日本株は反発する見込み。米国経済の改善や国内景況感の底堅さから企業業績の先行き警戒感が薄れ、輸出や素材など海外景気敏感業種、金融など内需セクター中心に見直し買いが増える。ただし、米重要統計を見極めようと売買は盛り上がらず、一時的に軟調場面も見られそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。