ドル・円は100円台後半、欧州銀不安が重し-一時上昇場面も続かず

更新日時
  • 101円78銭までドル高・円安に振れた後、一時100円76銭まで反落
  • リスクセンチメントはあまり良くない-あおぞら銀

30日の東京外国為替市場では、ドル・円相場は上値の重い展開。欧州の金融機関に対する懸念を背景にセンチメントの悪化が重しとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。