OPEC減産、新興市場株の大きな支持要因とはならず-チャート

  石油輸出国機構(OPEC)による減産は以前ほど新興市場株の大きな支持要因にはならないかもしれない。原油価格と、サウジアラビアやロシア、ナイジェリアなど主要産油国の株式相場との相関性は今年低下しており、同じ方向に動いた期間は40%未満にとどまっている。金融とテクノロジー株の比重が高まったため、MSCI新興市場指数のうちエネルギー株の比重は過去5年間に7.2%に半減している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。