黒田総裁:「赤毛のアン」は励み、職員やエコノミストに-発見は素敵と

日本銀行の黒田東彦総裁は30日、金融政策の枠組みを強化したことに触れた上で、責務達成に向けた解決策やツールを見いだそうとしている中銀にとって小説「赤毛のアン」の一節は励ましになると述べた。

  第3回カナダ銀行・日銀共催ワークショップの開会あいさつ文で黒田総裁は、カナダ人作家モンゴメリの著作でのアンの言葉「これから発見することがたくさんあるって、すてきだと思わない?」、「もし何もかも知っていることばかりだったら、半分も面白くないわ」に言及した。その上で多大な努力を続けている全ての中銀職員とエコノミストにこの言葉が「大きな励ましとして心に響く」と語った。

黒田日銀総裁

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  日銀は21日、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」導入を決定した。黒田総裁はあいさつ文で「中銀が万能ではないということもまた事実」として、アンの励ましとともに参加者に知的・有益なことを発見するように促し、政策課題達成に向けてカナダ銀行との意見交換を重視しているとも話した。8月の全国消費者物価指数(コアCPI)は前年比0.5%低下したことが30日分かっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE