OPEC減産合意で米石油会社の時価総額が3.6兆円増加-チャート

  原油供給抑制に向けた石油輸出国機構(OPEC)の28日の減産決定による最大の勝者は誰だったのだろうか。恐らく米エネルギー企業だろう。これらの企業は、OPECが2014年後半に生産目標を据え置いた際に最も大きな打撃を受けた。OPECが減産で合意した28日には、米国の石油・ガス大手10社の時価総額の合計が360億2000万ドル(約3兆6400億円)増加した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。