バフェット氏、ウェルズ・ファーゴCEOに認識の甘さ指摘-CNBC

  • 両氏の会話のタイミングは約2週間前-CNBCのクイック氏
  • 無断口座開設は当局と合意した支払い以上に大きな問題と指摘

米銀ウェルズ・ファーゴが顧客に無断で口座を開設していた不祥事で、筆頭株主である投資・保険会社バークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェット会長が同行のジョン・スタンプ最高経営責任者(CEO)に問題の深刻さを認識するのが遅過ぎると伝えていたと、米経済専門局CNBCが報じた。不祥事の調査を決着させるため当局への支払いに同行が合意した後にこうした見解を伝えたという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。