利上げに意欲的な地区連銀総裁、慎重姿勢のFRB理事との溝深まる

  • 米金融当局内で地区連銀総裁主導の「小さな反乱」-コスターグ氏
  • フィラデルフィア連銀総裁は「後手に回る」リスクを懸念

29日の米金融政策当局者による一連の発言は、利上げに意欲的な多数の地区連銀総裁とワシントンの連邦準備制度理事会(FRB)理事との意見の溝が深まっていることを鮮明にした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。