トレーダーの停職処分は上司もつらい-元バークレイズ幹部が告白

  • クラーク氏が解雇を不服として訴えた審判所の審理でブル氏が証言
  • クラーク氏は為替操作の調査が始まる中で13年に停職処分となった

英銀バークレイズの法人・投資銀行の最高執行責任者(COO)だったジャスティン・ブル氏は、内部調査で外国為替操作の責任を問われたトレーダーを停職処分とする際に「気まずい」思いをしたと告白した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。