NY外為:ドル指数が反発、米経済指標受けて利上げ観測強まる

更新日時

29日のニューヨーク外国為替市場ではドルが堅調。ドル指数は反発した。米国内総生産(GDP)や新規失業保険申請件数を受けて年内の利上げ観測が強まった。

FRBのイエレン議長

Photographer: Pete Marovich/Bloomberg

  ドルは主要通貨の大半に対して上昇した。4-6月(第2四半期)の米実質GDP確定値は改定値から上方修正された。先週の米週間新規失業保険申請件数は、前週比で増加したが市場予想は下回った。アトランタ連銀のロックハート総裁は、金融当局は最大限の雇用および2%付近での安定したインフレという目標に近づきつつあると指摘。カンザスシティー連銀のジョージ総裁は引き締め政策を支持する考えを示した。

  BNPの外為ストラテジスト、サム・リントンブラウン氏は「米金融政策当局者は引き続き最善を尽くして、市場が織り込む12月利上げの可能性を高めようとしている」と述べた。

  米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は28日、連邦公開市場委員会(FOMC)の大半のメンバーは年内の利上げを見込んでいるとあらためて説明した。これを受け、ドル指数は年初からの下げを4%安に縮小した。金利先物市場が示す年末までの利上げ確率は53%となっている。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は4日ぶりに上げ、前日比0.2%高。月初からでは0.4%、四半期ベースでは0.2%それぞれ下げている。ドルは対円で前日比0.3%高の1ドル=101円03銭。対ユーロではほぼ変わらずの1ユーロ=1.1222ドル。

原題:Dollar Gains for First Day in Four as U.S. Data Back Rate Hike(抜粋)

(第4段落を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE