米アトランタ連銀総裁:「そう遠くない将来」に利上げあり得る

米アトランタ連銀のロックハート総裁は、金融当局は最大限の雇用および2%付近での安定したインフレという目標に近づきつつあり、そう遠くない将来に経済は利上げが可能な状態になるとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。