欧州債:ドイツ10年債が反落、OPEC減産合意でインフレ上昇に期待

29日の欧州債市場では、ドイツ10年債が4営業日ぶりに下落。石油輸出国機構(OPEC)の原油減産合意が消費者物価を押し上げ、ECBの取り組みを後押しするとの臆測が背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。