ポンド、四半期ベースで1980年代以降で最長の下げ局面-チャート

  ポンドはドルに対して7月以降、下げ基調にある。英国の欧州連合(EU)離脱選択が重しで、四半期ベースでは1984年以降最長の5期続落となりそうだ。国民投票結果でEU離脱が決定的となった6月24日には過去最大の下げを演じた。国民投票後の経済状況が予想以上に堅調だったことが経済指標で明らかになったため、8月にはそれまでの下げ幅をやや消したものの、英国が速やかなEU離脱に向かっているとの観測からここ数週間で下げを再開した。

原題:Pound in Longest Run of Losses Since 1984 on Brexit Woes: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE