長期金利が上昇、長期ゾーンの日銀買いオペ減額で売り-中期債は堅調

更新日時
  • 長期金利はマイナス0.07%と3営業日ぶりの水準まで上昇
  • マイナス0.1%と示したかった以外は減額の理由見当たらず-岡三証

債券市場では長期金利が上昇。一時マイナス0.07%と3営業日ぶりの高水準を付けた。日本銀行が長期ゾーンの国債買い入れオペを減額したことを受けて売りが優勢となった。半面、中期債と先物相場は買いが優勢で堅調推移となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。