アルゴリズムには限界-AI駆使するヘッジファンド会社ツー・シグマ

  • 従来型のヘッジファンドはAIの一部である機械学習に注目している
  • シーゲル氏のファンド、コンパスは1-8月リターンがプラス12.6%

クオンツ運用ヘッジファンドの先駆者、デービッド・シーゲル氏は人工知能(AI)を活用して自身のツー・シグマ・インベストメンツを資産規模370億ドル(約3兆7600億円)のヘッジファンド会社に成長させた。そのシーゲル氏が、AIには背景知識や感覚を指すコモンセンス(常識)が欠けていると警告した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。