中国本土株に資金向かわず-今年は5年ぶり大幅下落で終了か

  • 相場急落の記憶が生々しく、投機的な買いも住宅市場に向かう
  • ブルームバーグ調査によれば16年の上海総合指数は3075で終了見通し

中国本土株の投資家にとって、今年は2011年以降で最悪の1年になると予想されている。昨年夏の相場急落の記憶がまだ生々しく、投機的な買いも株式から住宅市場に向かっているためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。