シャドーバンクの役割拡大で金融政策の効力強まる-IMFが分析

  • 金融危機以降、シャドーバンクが流動性供給で果たす役割は拡大
  • IMFが国際金融安定性報告書の一部を公表

国際通貨基金(IMF)は29日公表したリポートで、世界の金融システムにおけるシャドーバンク(影の銀行)の役割拡大で金融政策の効力が強まっているとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。