日立、東芝、三菱重:原子燃料事業の統合検討-需要低迷でコスト削減

日立製作所東芝三菱重工業の3社は、それぞれが保有する原子力発電所用の核燃料事業の経営基盤を強化するため、選択肢の一つとして同事業の統合を検討している。2011年の福島第一原子力発電所の事故を受けて原発の安全基準が見直されたことなどから、現在運転できているのは3基にとどまっており燃料需要が低迷していることが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。