新興市場株:3日続伸、OPEC減産合意でエネルギー銘柄高い

29日の新興市場株は3日続伸。 石油輸出国機構(OPEC)が減産で合意したことでエネルギー銘柄が買われたほか、高リスク資産の需要が高まった。新興国通貨も上昇している。

  台湾株が上げを主導。台湾株式市場は前日まで台風で2日連続休場していた。韓国総合株価指数は1年2カ月ぶりの高値に向かっており、香港株やインドネシア株も値上がり。マレーシア・リンギットは3日ぶりに上昇。原油相場高でエネルギー生産国である同国の見通しが上向いた。

  MSCI新興市場指数は香港時間午前10時17分(日本時間同11時17分)現在、前日比0.7%高の918.74。

原題:Emerging-Market Assets Advance on Opec Deal as Ringgit Climbs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE