大半は酒を一滴も飲んでいない乗客-機内での迷惑行為、またも増加

旅客機内での暴言や暴力などの迷惑行為が昨年も増加した。国際航空運送協会(IATA)が明らかにしたもので、アルコールや薬物が絡んでいたケースは全体の4分の1に満たなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。