5.5%のリターンは基金には「大問題」-米オークツリーのマークス氏

  • 年金基金の積み立て不足深刻化、リターン低下見通しで
  • 極めて低い予想収益率やマクロ面の不確実性で魅力のない状況

米投資会社オークツリー・キャピタル・グループの共同会長で資産家のハワード・マークス氏は、寄付基金や年金基金などが歴史的水準を下回るリターンに直面しており、支払い義務の履行に必要なリターンを得られないケースもあると指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。