仏ルノー、「ゾエ」の走行性能を改善-EV市場での主導権維持狙う

  • ゾエの充電ごとの走行可能距離が最大400キロメートルに
  • パリ国際自動車ショーで明らかにした

フランスの自動車メーカー、ルノーは同社の電気自動車(EV)「ゾエ」について、1回の充電で走行できる距離を倍近くにすることを明らかにした。ドイツの同業フォルクスワーゲン(VW)が排ガス不正スキャンダルへの対応に追われる中で、EV市場での主導権を維持したい考えだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。