OPEC合意で石油関連株が大幅高、石油資源開3年6カ月ぶり上昇率

29日の東京株式市場では、石油輸出国機構(OPEC)が8年ぶりに減産で合意したことを受けて石油資源開発や国際石油開発帝石など石油関連株が軒並み大幅上昇している。東証1部鉱業指数は一時前日比7.3%高と業種別上昇率1位、石油・石炭製品は同3位となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。