マレーシア機を撃墜したのはロシアのミサイル-合同捜査チーム

  • 地対空ミサイル「ブク」は親ロシア派が支配する地域から発射された
  • 2014年に298人が死亡したマレーシア航空機の墜落には約100人が関与

MH17の墜落現場

Photographer: Pierre Crom/Getty Images

2014年に乗員乗客298人が死亡したマレーシア航空MH17便の墜落について、オランダ主導の合同捜査チームは28日、ウクライナの親ロシア派反政府勢力が支配する地域から発射された地対空ミサイル「ブク」によって同機が撃墜されたと断定した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。