9・11遺族のサウジ提訴可能にする法成立-米大統領の拒否権覆る

  • オバマ大統領は「過ち」だとして、議会を非難
  • 海外駐留米兵や外交官らをリスクにさらす先例になると大統領は警告

2001年9月11日の米同時多発テロに関与したとしてサウジアラビアを提訴することが可能になる法案が28日、米議会で可決した。ホワイトハウスやサウジアラビアは法成立阻止を目指してぎりぎりまでロビー活動を続けたが、圧倒的賛成多数でオバマ大統領が行使した拒否権は覆された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。