米オクジフの子会社、アフリカでの贈賄疑惑で有罪認定へ-関係者

  • 親会社は訴追延期合意を結ぶことを受け入れ-関係者
  • 米当局はアフリカの政府当局者への多額の贈賄疑惑を捜査

米国の上場ヘッジファンド運営会社で最大手のオクジフ・キャピタル・マネジメントは、アフリカの政府当局者に対する多額の贈賄疑惑をめぐる連邦当局の捜査で、子会社に有罪を認めさせた上で、本体も訴追延期合意を結ぶことを受け入れた。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。