イエレン議長、議会公聴会で口ごもる場面も-政治的偏向の有無問われ

  • ブレイナード理事に利益相反の可能性ないか共和党議員が厳しく追及
  • FRB報道官はブレイナード理事はどの陣営とも話していないと説明

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は28日、下院金融委員会の公聴会で、金融当局として政治的偏向はないと擁護する立場をめぐり攻撃を浴びた。共和党議員の1人が、FRB高官が次期政権入りについて議論した事実があるなら利益相反に当たるかどうか議長を厳しく追及した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。