MRJが米国の最終目的地に到着、4日間で8300キロ-飛行試験加速へ

  • 北海道、ロシアのカムチャツカ、米アンカレジを経由
  • 他に年内に米国到着予定の3機などと試験実施、型式証明取得へ

三菱重工業傘下の三菱航空機が開発中の国産初のジェット旅客機、三菱リージョナルジェット(MRJ)の初号機が、28日午後5時44分(日本時間29日午前9時44分)に米国の最終目的地、ワシントン州のグラント・カウンティ国際空港に着陸した。

  三菱重のMRJ名古屋地区広報責任者の黒沢英図氏が電話取材で明らかにした。この機体を含めこれから到着予定の計4機で飛行試験を繰り返し、米連邦航空局(FAA)の認証を得る計画だ。

  広報担当の高橋美保氏によると、同機は日本時間の26日午後に名古屋空港を離陸し、給油のため新千歳空港やロシアのカムチャツカ半島、米アンカレジと経由し、米ボーイングなども航空機開発に取り組むワシントン州にほぼ4日かけて到着した。航路は約8300キロメートルで、パイロット3人とエンジニア4人での飛行。当初は8月末の飛行を予定していたが、エアコン監視システムの不具合により途中で2度引き返しており、3度目の挑戦で米国への飛行が成功した。

  黒沢氏によると、残りの3機も年内に米国に到着する予定で、飛行試験に必要とされる約2500時間を米国の4機と日本での1機でこなす計画。現地では100人を超える三菱航空と開発支援会社の米エアロテックのスタッフが待ち受けており、これを400人程度にまで増員する計画だという。

  MRJは最大92席を配置できるタイプの機体で4730万ドル(約48億円)。広報担当の高橋氏によると、構成部品は約100万点に上り、うち3割を国内で、残りは米国、カナダ、フランスなどで調達している。受注は7月に発表したスウェーデン企業のロックトンからの20機の受注契約を含め、累積で447機。最初の納入はANAホールディングスで、2018年半ばの予定だ。

  航空経営研究所の森崎和則主席研究員は、「グラント・カウンティは航空機開発に最適な場所の一つだ。さらに航空技術・文化の先進国である米国のスタッフなどと協調し開発を進めることになり、今後はかなりの進展が期待ができるのではないか」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE