イエレンFRB議長:主要米銀のコンプライアンス問題を調査

  • 「憂慮すべき」違反行為を受け、包括的に調べていると議会で証言
  • ウェルズ・ファーゴを分割すべきかとの問いには返答を避ける

イエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長は28日の議会証言で、主要米銀における「憂慮すべき」コンプライアンス(法令順守)問題について金融当局が調査を開始したことを明らかにした。ウェルズ・ファーゴの従業員が顧客に無断で口座を開設していた問題について、議員らは議長に問いただした。

  イエレン議長は下院金融委員会で、最近の「憂慮すべき」違反行為をめぐり「主要銀行を包括的に調べている」と発言した。FRBがウェルズ・ファーゴの分割を検討すべきかなどの質問には返答を避けた。

  顧客の許可なく200万余りの口座が開設されていたことは、ウェルズ・ファーゴが管理するには大きすぎる存在になっていることを示すのではないかなどの質問に対し、イエレン議長は同行に具体的に言及することは避け、経営陣に説明責任を負わせることが重要だと述べるのにとどめた。

  FRBによる調査は、不適切な住宅ローンや銀行による指標金利の操作など幅広いコンプライアンス問題を網羅すると同議長は説明した。

原題:Yellen Says Fed Grilling Biggest Banks Amid Wells Fargo Furor(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE