イエレンFRB議長:主要米銀のコンプライアンス問題を調査

  • 「憂慮すべき」違反行為を受け、包括的に調べていると議会で証言
  • ウェルズ・ファーゴを分割すべきかとの問いには返答を避ける

イエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長は28日の議会証言で、主要米銀における「憂慮すべき」コンプライアンス(法令順守)問題について金融当局が調査を開始したことを明らかにした。ウェルズ・ファーゴの従業員が顧客に無断で口座を開設していた問題について、議員らは議長に問いただした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。