米金融当局は金利政策で厄介な信頼性の問題に直面-プロッサー氏

  • 当局は9月の据え置き決定の説明が不十分、市場との意思疎通に苦慮
  • プロッサー氏は前フィラデルフィア連銀総裁

前フィラデルフィア連銀総裁のチャールズ・プロッサー氏は28日、連邦準備制度が自ら信頼性の問題を引き起こしていると指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。