NY外為:ドルが対円でしっかり、議長が年内利上げに再び言及

更新日時

28日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対円でしっかり。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が連邦公開市場委員会(FOMC)の大半のメンバーは年内の利上げを見込んでいるとあらためて説明したことがドル買い材料となった。

  ドルは主要通貨の一部に対して上昇した。この日は前週のFOMC会合で利上げを主張して金利維持に反対票を投じたメンバーを含む数人が発言。クリーブランド連銀のメスター総裁は雇用増とインフレ見通しが利上げを正当化すると述べた。

  ドル指数は年初来では約4%下落。異例な金融緩和を実施する欧州や日本と米国の金融政策の違いが浮き彫りになるとの見通しが後退したことが背景にある。金利先物市場が示唆する12月までの利上げ確率は55%弱。ドルの買い持ちを膨らませるには米経済の堅調を示す指標がさらに必要になるとトレーダーの間ではみられている。米金融政策当局者は先週、年内に利上げが1回あるとの予測を示しながらも、来年以降の利上げ見通しについては下方修正した。

クリーブランド連銀のメスター総裁

Photographer: Charles Mostoller/Bloomberg

  ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの新興市場戦略責任者ウィン・シン氏(ニューヨーク在勤)は「米金融当局者は先週に非常にハト派的な声明を発表したばかりであるため、タカ派的になるのは困難だ」と指摘。来週の雇用統計など「次の材料を市場は待っている」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で前日比0.3%高の1ドル=100円69銭。対ユーロではほぼ変わらずの1ユーロ=1.1217ドル。石油輸出国機構(OPEC)が減産で暫定合意したことから、ドルは資源国通貨に対して下げた。

  イエレン議長は下院金融委員会の公聴会で証言し、利上げにあらかじめ決まったタイムテーブルはないと述べた。

  フィッシャーFRB副議長は27日、低金利が米労働市場の改善を後押しし、賃金上昇に波及しつつあるとの認識を示した。利上げ時期には言及しなかったが、賃金の上昇率については、昨年の約2%から今年は約2.5%に加速している状況は、失業率とインフレとのつながりが依然存在することの証拠だと述べた。

  シティグループが算出する米経済サプライズ指数はなおマイナス圏ながら7月以来の低水準からは戻している。同指数のマイナスは経済指標が予想を下回っていることを示す。

  ドル指数は四半期ベースでほぼ変わらずとなっているが、南アフリカ・ランドなど高利回り国通貨に対しては下落している。

  トロント・ドミニオン銀行の北米為替戦略責任者、マーク・マコーミック氏はこれについて、「3カ月前に利上げの可能性を示唆しても高利回りを求める動きを止めるには十分でないことを反映している」と語った。

原題:Dollar Gains Versus Yen as Yellen Cites FOMC View on Hike Need(抜粋)

(第1-3段落を書き替え、第6段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE