NY原油(28日):5カ月ぶりの大幅高、OPEC合意との関係者情報

28日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が急反発し、4月以来の大幅高。アルジェで開かれた石油輸出国機構(OPEC)非公式会合で、8年ぶりの減産合意が成立したと関係者が明らかにした。米エネルギー情報局(EIA)の週間統計でガソリン在庫の増加が報じられたため、朝方は軟調に推移していた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。