ドイツ銀CDSの取引が半年ぶり高水準、財務力への懸念で

ドイツ銀行の社債を保証するクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の取引高が半年ぶり高水準となった。米当局が証券販売問題をめぐり140億ドル(約1兆4100億円)の支払いを求めたことで同行財務への懸念が高まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。