ECB総裁:低金利は「将来のより高い金利復帰」に必要-独議会証言

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は28日、ドイツ連邦議会(下院)での非公開のセッションで、批判的な議員に対してECBの政策を擁護するとともに、構造改革を急ぐよう重ねて呼び掛けた。

  総裁は「将来、金利を引き上げるために現在の低金利が必要だ」と述べた。また「ECBの金融政策措置の成果を完全に享受するためには他の政策分野が各国および欧州レベルで今よりもはるかに断固として貢献する 必要がある」とも語った。

  「ECBは真空地帯で機能しているわけではない。金融政策を補完する他の経済政策が不可欠だ。それがなければ強く持続的な景気回復はあり得ない。そうした政策は金利が再び上昇するための前提条件だ」と強調した。

  低金利で収益が圧迫され、ビジネスモデル変更を迫られている銀行について、「ドイツの一部の金融機関の業績についてECBの政策が原因だと声高に主張する向きもある」が、金利収入の減少を融資の拡大や質の管理、費用の低減化で十二分に補っている銀行も多いことを忘れてはならないとして、「これらは銀行と顧客の双方に恩恵をもたらす」と論じた。

  

原題:Draghi Defends ECB Policy as Berlin Lawmakers Question Low Rates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE