米フォードCEO:トランプ氏の非難は「遺憾」、米雇用喪失はゼロ

米自動車大手フォードのマーク・フィールズ最高経営責任者(CEO)は、同社が雇用をメキシコに移転させていると米共和党大統領候補ドナルド・トランプ氏が非難していることに遺憾の意を表明した。その上で、小型車生産のメキシコ移転により米国で失われる雇用は「ゼロ」だとあらためて主張した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。