クレディS:EU市場「パスポート」喪失、ロンドン事業の20%に影響

  • 「パスポート」失う影響はあまり大きくないとCEO
  • ダブリンとルクセンブルクに子会社あり対応可能

クレディ・スイス・グループのティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)は、英国の欧州連合(EU)離脱によってロンドンの金融機関が欧州単一市場への「パスポート」を失った場合、同行がロンドンで展開する事業が受ける影響は最大で20%程度だと述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。