ドイツ銀、株価が上昇-部門売却合意や増資ないとのCEO発言で

更新日時
  • 増資は「現時点で検討対象ではない」とクライアンCEO
  • 英保険部門をフェニックスに売却-1220億円

28日のフランクフルト市場でドイツ銀行の株価が上昇。英保険部門を9億3500万ポンド(約1220億円)で英フェニックス・グループ・ホールディングスに売却することで合意したことや、増資は考えていないとのジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)の発言が好感された。

  法的問題での費用が膨らみ増資を余儀なくされるとの懸念に対応し、クライアンCEOは独紙ビルトとのインタビューで、増資は「現時点で検討対象ではない」と言明した。保険部門のアビー・ライフ・アシュアランス売却では、同行は普通株ティア1自己資本比率が6月30日時点に比べ10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)程度上昇するとの見通しを示した。

  米司法省が住宅ローン担保証券(RMBS)問題で140億ドル(約1兆4100億円)の支払いを求めたことを契機にドイツ銀株は売り込まれ、今週に入って過去最低を更新した。米当局の要求がドイツ銀の財務への懸念を再燃させた。

  メルケル独首相に支援を求めたという臆測もあるが、クライアンCEOはビルト紙に対し「いかなる時点でも」メルケル首相に「支援を求めたことはなく、そのようなことをほのめかした事実もない」と強調した。

  独紙ツァイトは28日、独政府がドイツ銀をめぐる非常時対策について作業をしていると報じた。政府がドイツ銀株を取得する選択肢も対策案に含まれていると、情報源を示さずに報じた。

  クライアンCEOはビルトとのインタビューで、再編の途上にあり変革には時間がかかるが「全ては計画通りに進んでいる」と強調していた。

  株価は2%高で終了した。

原題:Deutsche Bank Rises as CEO Sells Assets, Rules Out Capital Hike(抜粋)
Deutsche Bank Rises as CEO Sells Unit, Rules Out Fund Raise (1)(抜粋)
Deutsche Bank Rebound Helps Spark Broad Rally in European Stocks(抜粋)

(株価を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE