みずほの米子会社、債券セールス担当にパバン氏-ドイツ銀から採用

  • パバン氏はドイツ銀行で15年勤務したベテラン
  • みずほは北米スタッフを今年10%以上増やす方針-欧州勢は縮小方向

みずほフィナンシャルグループは、ドイツ銀行で15年勤務したベテランのサブハトラ・パバン氏を米国証券子会社の債券セールス担当マネジングディレクターとして採用した。みずほは苦戦する欧州のライバルからビジネスを奪う機会をうかがい、ウォール街での業務拡大に動いている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。