ゴールドマンと元幹部が法的費用めぐり和解-連邦準備制度文書流出で

  • 元幹部は自らを弁護するための費用を負担-少なくとも約3500万円
  • 元幹部は文書流出について一切の刑事責任を問われていない

米銀ゴールドマン・サックス・グループは連邦準備制度の文書流出への当局の調査に絡み、少なくとも35万ドル(約3500万円)の法的費用の返還を同行が不当に拒んだとする元幹部の申し立てをめぐり和解した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。