新日鉄住金とテチント、正式な提携解消交渉は行われていない-関係者

ブラジルの製鉄会社ウジミナスの経営で対立する新日鉄住金とテチント・グループをめぐり、両社が提携解消と資産の分配を検討しているとエスタドなど地元紙が報じる中で、事情に詳しい関係者は正式な協議は現在行われていないと述べた。

  非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べたところによれば、新日鉄住金とテチントが協力の解消に向け方針を変更すれば、資産分割など分離には最長2年が必要だろうと話した。両社はウジミナスの共同経営で2012年に合意した。

  新日鉄住金とテチントが鉄鋼需要減少やウジミナスの債務再合意をめぐり争う中で、資産分割などの観測が強まっていた。ブラジル紙の報道についての新日鉄住金とテチント、ウジミナスの広報室からのコメントは今のところ得られていない。

原題:Nippon-Techint Said Sticking It Out in Brazil Amid Split Rumors(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE