蓮舫・民進代表:日銀は「敗北宣言」、初の国会論戦-首相は反論

  • 「本当に必要なのはアベノミクスの検証」-蓮舫氏
  • 「雇用は大きく改善」、脱デフレへ日銀と引き続き連携-首相

民進党の蓮舫代表は28日午前、参院本会議で、日本銀行が新たに打ち出した金融政策はアベノミクス第1の矢の「事実上の敗北宣言」と指摘し、アベノミクスの検証を求めた。これに対し、安倍晋三首相は雇用改善などの成果を挙げて反論し、引き続き日銀と連携してデフレ脱却に取り組む考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。