中国郵政貯蓄銀が上場-ソロス・ファンド投資報道も株価伸び悩み

更新日時
  • ソロス氏率いるファンドが投資家に名を連ねている-中国の財新誌
  • IPO規模は74億米ドル、14年上場のアリババ後で最大

中国郵政貯蓄銀行が28日、香港証券取引所に上場した。富豪のジョージ・ソロス氏率いるファンドも同行への投資家に名を連ねていると中国の財新誌が報じる中、株価は伸び悩んでいる。

  郵政貯蓄銀の株価は現地時間午前10時29分(日本時間同11時29分)現在、IPO価格から0.2%上げ4.77香港ドル。今回の新規株式公開(IPO)は74億米ドル(約7440億円)規模と、2014年の電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディング上場後で最大となった。郵政貯蓄銀の時価総額は約495億米ドル。

  ソロス・ファンド・マネジメントと郵政貯蓄銀から今のところコメントは得られていない。財新は事情に詳しい匿名の関係者の情報を基に報じていた。

原題:Postal Bank Makes Tepid Debut Amid Report Soros Fund Invested(抜粋)

(ソロス・ファンドに関する情報を追加し更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE