ヘッジファンド業界はかつてない困難な時代に直面-ロバートソン氏

  • 2%の管理料と運用益の20%を報酬とする体系は「聖域」でない
  • ヘッジファンドはバブル破裂の際にポートフォリオの盾となり得る

タイガー・マネジメントのジュリアン・ロバートソン会長兼最高経営責任者(CEO)は27日、ヘッジファンド業界が数十年にわたる自身の投資歴で最も困難な時代に直面していると述べた。業界の先駆者であるロバートソン氏は、高額の運用報酬を徴収する時代は終わる可能性も示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。